埼玉で建てる耐震住宅の相場を解説

日本は地震大国と言われております。最近では、北海道で震度7という大きな地震が発生し、大きな被害が出ました。多くのプレートがひしめき合っている日本は、地震発生率が高いと言われています。そんな日本に今の耐震基準が設けられたのは、昭和56年6月1日です。それ以降に建てられた建物のいうのは、全て新しい基準での耐震住宅ということになります。関東でも以前、地震が発生し、液状化現象というのも発生しております。埼玉も関東の地震の際、被害を受けております。地震の際に少しでも被害を少なくするために、きちんとした耐震住宅を建てたいものです。埼玉で耐震住宅を建てるとしたら、大体の相場はどれくらいのものなのでしょうか。建てる前にきちんとした相場を調べて知っておくことが必要だと思います。

埼玉で建てる耐震住宅の相場はどれくらいなのか

まず、埼玉ではなくても耐震住宅を建てる前に、きちんとした相場を知ることから始めましょう。耐震住宅というのは、しっかりとしたものになるとかなり高額になってきます。そして、注文住宅となると自分の意見が中心で家ができていくので、注文住宅より高くなります。埼玉県全体の注文住宅の平均的な相場は、大体、4300万円程になります。ですがこれは、敷地面積が約59坪で居住面積が34坪くらいの住宅の場合で計算しておりますので、これ以上の坪数で、また、市町村でもか価格は変わってきます。埼玉県の中でも、都心に近い所だと、かなり金額は高額となります。そもそも、耐震住宅というのは、地震に対する揺れに耐えられるように壁を分厚くしたり、柱を補強したりしている住宅の事を言います。ここ最近起こっている地震被害に対して、壊れない家をと考えている人が多いのでしょう。

埼玉で建てる耐震住宅のメリットとデメリット

まず、埼玉ではなくても耐震住宅を建てる前に、きちんとした相場を知ることから始めましょう。耐震住宅というのは、しっかりとしたものになるとかなり高額になってきます。そして、注文住宅となると自分の意見が中心で家ができていくので、注文住宅より高くなります。埼玉県全体の注文住宅の平均的な相場は、大体、4300万円程になります。ですがこれは、敷地面積が約59坪で居住面積が34坪くらいの住宅の場合で計算しておりますので、これ以上の坪数で、また、市町村でもか価格は変わってきます。埼玉県の中でも、都心に近い所だと、かなり金額は高額となります。そもそも、耐震住宅というのは、地震に対する揺れに耐えられるように壁を分厚くしたり、柱を補強したりしている住宅の事を言います。ここ最近起こっている地震被害に対して、壊れない家をと考えている人が多いのでしょう。