埼玉で耐震住宅を建てた後も気を付けるべき点

埼玉で家を新築する場合、多くの人がハウスメーカーや工務店など家を建設するこを専門に扱う業者に依頼し建設します。地震の多い日本では耐震住宅が必須です。こうした耐震強度は業者に任せておけば基本的に問題はありません。ただしまれに悪徳業者である場合、耐震強度をごまかしている場合もあるため信頼できる業者を選んで建設を依頼しなければなりません。また耐震住宅を建てればその後は問題ないと思う人も多いですが、家は必ず劣化していきます。数年で劣化することはまずありませんが、何十年と住んでいるうちに耐震強度が満たせなくなっている場合があるため定期的な点検などを受けメンテナンスを行うことは非常に大切です。またリフォームを行う場合なども耐震強度を崩さないように行わなければならないため注意が必要です。

埼玉で耐震住宅を建てる前に知っておきたいこと

埼玉で耐震住宅を建てる場合、つい家自体の耐震性ばかりに気がいってしまうという人も多いでしょう。もちろん家自体の耐震強度は非常に大切です。しかしながら、同時に重要であるといえるのが土地の状態です。埼玉では液状化する土地もあります。液状化とは地震が起きたときに振動によって水を多く含む砂が泥となり地表に出てくることで家の下の地盤が崩れ、家が傾いてしまうことがあるのです。埼玉の一部の地域ではこうした液状化現象を引き起こしやすい土地があります。液状化現象を引き起こしやすい土地についてはマップで見ることができます。液状化が発生してしまうと耐震住宅であっても傾いてしまうことがほとんどであるためどの地域が液状化しやすいかきちんと確認しできる限り避けて建設することをお勧めします。

よりよい耐震住宅を埼玉で建てるためには

昨今日本では大きな地震が増えており、災害に対する意識も強くなっています。新しく家を建てる場合、耐震住宅であることはもちろん、どのていど地震に強いのかも気になるところです。埼玉で耐震住宅を建てたい場合も同様です。耐震は等級によって段階分けがしてあります。耐震等級の1は建設基準法を満たしているもので震度6から7の地震に耐えることができます。等級2は1よりも1.25倍の地震に耐えることができ、さらにでは1よりも1.5倍の地震に耐えることができます。建て売りやマンションの場合こうした等級は選ぶことができませんが、注文住宅であれば等級を選ぶことができます。等級が高くなればなるほど費用はかさんでしまいますが、より地震に耐えることができる耐震住宅を建てたいと考える場合は等級を選択することができる注文住宅を選びましょう。