埼玉で耐震住宅を建てるとこのようなメリットがある

日本は地震が多い国です。これから家を建てるなら耐震性はしっかりと考えておきたいものです。建築物は建築基本法で定められた耐震基準をクリアしなければならず、どの建物においてもある程度の耐震性能は備えられています。しかし基準よりもより強い性能を持つ耐震住宅を建てる方が増えてきています。耐震住宅とは壁や柱の造りを強化している住宅です。地震だけでなく、台風などの強風にも強いことが分かっており、このところの異常気象により、住宅の強度が気になっている方も多いのではないでしょうか。埼玉においても異常気象は起こりえます。台風のような強風にも耐えられる住宅は安心です。耐震住宅は耐震建築にかかる費用や工期も短く済み、地下室なども設置できるため、設計に幅が広がる点もメリットと言えます。

埼玉で耐震住宅を建てるなら耐震等級についても知ろう

埼玉においても耐震性を重視した耐震住宅を建てる方が多くなっている一方、その強度をしめす「耐震等級」についてはどれほど知っていますか?耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けしたもので、等級1では震度6から7でも倒壊しないレベル、等級2ではその1.25倍強く、等級3では等級1の1.5倍の強度となっています。住宅を建てる際には、耐震等級を意識して設計することが重要です。耐震等級と間取りは大きく関係しており、広々としたリビングや大きな吹き抜けなどは耐震という面では弱く、影響が出やすいです。また等級を上げたいとなればその分壁や柱を強化することとなり、建築費用に影響します。埼玉で耐震住宅を建てるならぜひ耐震等級に着目し、建築会社にしっかりと予算と希望等級について話しておくことをおすすめします。

埼玉で家を建てるなら、耐震住宅で地震への備えを

日本に住んでいる以上、自然災害である地震は避けることができません。被害をできるだけ少なくするには、住宅を地震に強くすることが重要です。基礎部分の構造から整えておくことが必要で、柱や梁、壁などにも地震の揺れに耐えうる構造が考えられています。耐震住宅としての機能をもちつつ生活や埼玉の風土や条件に合った居住性やデザインを考えることが、満足の秘訣です。これから建てるなら、ぜひ耐震等級3の耐震住宅にしましょう。耐震等級3の住宅における地震保険は保険料が半額になるなど、見逃せません。気を付けたいのは、家は耐震できても、実際には家具家電による家屋の損傷も考えられます。建物が耐震住宅だからと安心してしまうのではなく、いざというときの備えに、転倒対策もしっかり行っておきましょう。