一般的に韓国デリヘルというと、イカガワしいことを想像しますが、こちらは性風俗特殊営業と呼ばれ、風俗営業とは全く別のものとして区別されています。風俗営業は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によって詳細が定められています。基本的に分類は8つ定義されています。したがって営業する業態にあわせて正確に風俗営業許可を得る必要があります。1号営業は、キャバレーなど設備を設けて客にダンスをさせ、客の接待をして飲食をさせる営業です。2号営業は待合、料理店、カフェーなど設備を設けて客を接待し、客に遊興または飲食をさせる営業です。3号営業は、ナイトクラブ、カフェー等の設備を設けて、客に飲食をさせる営業でこちらは接待ができません。4号営業はダンスホールなど設備を設けて客にダンスさせる営業でこちらもお客の接待はできません。


5号営業はいわゆる低照度飲食店と呼ばれるもので、客席の照度を10ルクス以下として喫茶店、ばーなどの設備を設けて客に飲食をさせる営業で、こちらも客の接待はできません。6号営業は、区画席飲食店と呼ばれるもので、他から見通すことが困難で広さが5平米以下の客席を設けて飲食をさせる営業のことで、同じく客の接待はできません。7号営業はいわゆるマージャン屋やパチンコ屋等で客に射幸心をそそる恐れのある遊戯をさせる営業のことです。8号営業はゲームセンター、ゲーム喫茶等本来の用途以外の用途として射幸心をそそる恐れのある遊戯に用いることが出来るものを備える店舗ということになります。なんとなく業態の設定が昭和の古いビジネスから設定されている感じがしますが、風俗営業許可で取得した営業形態と実態が違ってしまうと問題になるわけです。たとえばバーの形態で風俗営業許可をとったのに女性が客の接待をしてしまった場合い、たとえばガールズバーなどの形態は許可内容と相反してお縄頂戴になりかねない話となります。こうした許可にあたっては人的基準、構造的基準、場所的基準が設けられています。申請者が過去に問題を起こしている者であるとまず許可が得られません。


また営業許可を受ける建物に営業の分類によって構造基準が設けられており客室の床面積、照明設備と照度、客室内部の設備等の要件が決められています。さらに各地方自治体により風俗営業のできる用途地域が決められて伊明日。基本的に学校、保育所、病院、診療所などの保護対象施設と呼ばれるものの敷地から100m以内の地域、商業地域内では50m以内では風俗営業はできません。まずはこうした法律知識を十分に理解することが必要です。