赤ちゃんにとってベストな鼻水吸引機とは

popular post

  • 鼻水吸引機は電動がオススメです

    病気も防げる みなさんは、鼻水吸引機をしっていますか?こちらは…

    » 続きはコチラ

  • 鼻水吸引機は蓄膿の人にもおすすめ

    薬でなく機械で 花粉や外気による止まらない鼻水は薬で止めるよう…

    » 続きはコチラ

色んな種類

大人にとっても不快な鼻水や鼻づまり、赤ちゃんにしてみれば意思表示ができないため親としてはいち早く赤ちゃんの鼻水、鼻づまりには気がついてあげたいですよね。しかし、気づいたはいいけどどのようにして解消してあげてよいのか困ったという経験をされた方は多いのではないでしょうか。
そんな時に一つ持っていると安心なのが赤ちゃん用の鼻水吸引機です。吸い方にもいろいろなタイプがありますので、どんなタイプのものがいいのか購入の前に参考にしてみてください。まずはスポイトタイプの吸引機ですが、音がでないので恐怖心をあおることがなく安心です。また手のひらで隠しながらできるし、片手で操作ができるのが魅力です。大きいものになればなるほど吸引力は増しますが赤ちゃんの小さな鼻に入れるものとしては、小さめなものの方が安心です。
次にストロータイプですが、お母さんが口で吸いとるタイプのものです。音はなく恐怖心をあおらることはありませんが、使用後の清掃が大変です。吸引力はお母さんの吸い加減できまります。最後に電動タイプですが、音が出るので赤ちゃんにとっては恐怖心があおられること間違いなしでしょう。しかし、手っ取り早く吸引したいのならおすすめです。赤ちゃんにとってぜひ苦痛にならないタイプの吸引機を選んであげてください。

仕様頻度

皆さんは、子育てのご経験はありますか?子育てをしている時に、赤ちゃんの鼻づまりがひどく呼吸がしづらそうと思ったことがある方がいらっしゃると思います。赤ちゃんはまだ筋肉が発達しておらず、自分で鼻水を出したり吸ったりしようと思っても出来ません。そのまま放っておくと、鼻が詰まり中耳炎などになったりするかもしれません。
そんな事態を防ぐために必要になってくるのが、鼻水吸引機ですよね。鼻水吸引機はその名の通り、鼻水を吸引する機会で主に赤ちゃんの鼻水を吸い取り鼻が詰まるのを防ぐ目的で使われています。鼻水吸引機はとても便利でよく使われていますが、使い方を間違えるととても危険なものになるのです。では、鼻水吸引機の取り扱い時の注意点とはどんなところでしょうか?まず鼻水吸引機を使用出来るのは、生後三ヶ月くらいからになります。
使用する際は必ず生後三ヶ月経ってからにしましょう。そして、鼻水を吸う際に一気に吸わないことです。鼻水を一回で全部吸おうと思い、長時間吸っていると耳が陰圧になり赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がありますので吸う際は、3秒から5秒程度で数回に分けて吸うようにしましょう。皆さんも、赤ちゃんに鼻水吸引機を使う場合は使用に十分注意しましょう。

Copyright(C)2017 子供の必需品鼻水吸引機 All Rights Reserved.